2012年5月28日月曜日

本紹介第13弾 ゛猫物語(白)゛

みなさん、おはようございます(^O^)/ 毎度おなじみの石田です。

昨日は少し野暮用があったので、更新できませんでした(>_<)

なので今日は昨日の分もがんばっていきたいと思います!!



                                                                      猫物語(白)

あらすじ…


      “なんでもは知らないけど、
              阿良々木くんのことはしっていた”。

           完全無欠の委員長、羽川翼は
                         二学期の初日、一頭の虎に睨まれた-

                それは空しい独白で、届く宛のない告白…

             〈物語〉シリーズは今、予測不能の新章の突入する!


              これぞ現代の怪異! 怪異 怪異!



今回紹介する本は「物語シリーズ」から猫物語(白)です。

この作品から「物語シリーズ」は新シリーズが始まります。

簡単に言うと、゛怪異゛に関わった少女たちの後日譚を一人一冊ずつ紹介するという形になります。


この本の個人的な感想を言わせてもらえれば……



      羽川さんが……     

      羽川さんが~~~~~~~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

てな感じです(笑)


あまり言ってしまうとネタバレになってしまうので、今回はこのへんで失礼します。



最後に……



   君がため、産み落とされたバケモノだ。





…迷惑だわ~












                       ご購入はこちらから










2 件のコメント:

  1. ネコ耳きたあああああああああああ!

    返信削除
    返信
    1. 萌える!

      萌えるでしょ!

      萌えるね~!

      削除